この掲示板は現代文化の快楽ブログの東屋(あずまや)です.
管理方針は『諷漫亭掲示板ポリシー』トピックに折節記します.1トピック(スレッド)のコメント(レス)数は冒頭文を含めて百なので,それが90台になり次第次のコメントを書く人が継続トピックを建てて下さい(表示省略数が90で残り4).過去ログは有りませんが,記事量の限度に達する段階で対応する予定です.ネットには2,3年に1度は不測の事故や事態が起こる(し,過去ログが有ったところで他のサイトへのリンクや画像は通常失われる)ものですから,何卒
重要だと思われる記事については,参加者各位がご自身で保存して下さるようお願いします.
将棋連盟不祥事
 昨日、谷川会長の辞任が発表された。

 これで、不祥事の当事者3者(三浦・理事連中・渡辺)の内2者、谷川以外の理事連中(特に島)については発表がないようだが、
2者の結末がついたといえよう。

 三浦は、たとえ慰謝料等を得ても、プロ棋士として、生活者として少なからぬ不利益を被った。
 谷川会長達は、運営権力を持つのは不適格という、村社会の空気醸成による、罰を受けた。

 残るは、渡辺のみ。簡単な謝罪の弁があったようだが、それだけで済ませるつもりはないと信じたい。
 所属する組織裁定として、自身が告発した(強硬に行動した)三浦に無罪判決が下ったのだから、罰せられてしかるべき。
判決を遡及すれば、瑕疵のあるタイトル戦で勝利して、しゃーしゃーと就位式に出席し、そのまま不問ということは許されまい。
主催新聞社の意向があろうとも、なかろうとも。
 万一、このまま逃げ切れば、彼の名誉、将来は、著しく棄損されるだろう(少なくとも一般社会では)。

 三浦と連盟との損害賠償の件が片付いていないので、現在は動けないのかもしないが、少なくともタイトル戦勝利者賞金は全額、
三浦への損害賠償に充てるくらいの不利益を享受せねば、彼の評判、名誉は回復されまいと思う。

 個人的には小生は、渡辺を買っている部分があるので、彼にはぜひ堂々たる、けじめをつけてほしい。

 渡辺が、三浦を嫌っていたのは、若手や奨励会員(立場が上なのでそれを利用して、と考えられる)に長電話で戦術の教えを乞うていた
ということがあるそうだ。これが今回の騒動の遠因となっているのかもしれない。
 しかし、渡辺自身も、仲の良い棋士仲間を何人も自宅に集め、研究やら、遊びやらをし、研究しあっていた。本人のネット発信でも、
そのことはしばしば述べられていた。棋士仲間に限らず、自分と同輩、後輩くらいの観戦記者も含めてである。

 付き合い下手の三浦の戦術情報入手法がそれと異なるからと言って、それほど非難できるものではなかろう。
但し、三浦が自分の優越的地位を利用して、奨励会員から戦術情報を集めるというのは、渡辺には許しがたい不正義と感じられたのではあろうが。

 その正義感が本物なら、なおさら、今回の件で、三浦に対する過分な謝罪、謝意を示すべきだろう。
そうすれば、まだ、渡辺には将来棋界のリーダーになれる道は残されていると思う。

 蛇足:主さんが見たというNHKの渡辺・天彦戦。両者のインタビューがカットされていたと思いますが、今回の騒動の当事者としての渡辺ゆえに、何らかの影響があったのでしょうか。
  • 喝采
  • 2017/01/19 (Thu) 11:30:36
Re: 将棋連盟不祥事
お陰様で、「と金」のアカウントが取れました。

 現在かなり多忙となっていますので、おいおい、あちらに投稿するつもりです。
  • 喝采
  • 2017/01/22 (Sun) 18:19:49
Re: 将棋連盟不祥事
喝采様 ご寄稿感謝。と金倶楽部の方でもお待ち申し上げます。
  • 2017/01/20 (Fri) 23:21:03

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)