この掲示板は現代文化の快楽ブログの東屋(あずまや)です.
管理方針は『諷漫亭掲示板ポリシー』トピックに折節記します.1トピック(スレッド)のコメント(レス)数は冒頭文を含めて百なので,それが90台になり次第次のコメントを書く人が継続トピックを建てて下さい(表示省略数が90で残り4).過去ログは有りませんが,記事量の限度に達する段階で対応する予定です.ネットには2,3年に1度は不測の事故や事態が起こる(し,過去ログが有ったところで他のサイトへのリンクや画像は通常失われる)ものですから,何卒
重要だと思われる記事については,参加者各位がご自身で保存して下さるようお願いします.
痴愚神礼賛遊び
駒音掲示板(将棋関係)のトピック―それは一つのハプニングから偶然出来たものでしたが―から、『痴愚神礼賛』(*)への興味が浮上しました。†

原著は、「誤解を恐れずに言えば」(←東大話法)、16世紀の教皇王侯貴族神学者哲学者文法家への著者エラスムス(神学者)の痛烈な皮肉を集成したもの。‡ 

しかし、訳書をパラパラと見ただけでも、駒音投稿者(→†)の意図と見られる通り、この数週間同掲示板を、或いは現実の将棋界を「舞台」にして、繰り広げられているショー或いは営みは、16世紀のこれら支配階級、知識階級のそれと酷似している。

或る意味で、21世紀の日本人は、500年前の西欧ではほんの一握りの人しか持てなかった、強欲や知性を享有できるようになったということなのでしょう。

ともあれ、この際我々は、大いにこれで遊びましょう。


(*) 渡辺一夫、二宮敬訳(中公クラシックスW47 ¥1550) 

† この書名を筆名(HN ホーリーネームではありませぬ。)とする投稿者が、訳文の一部を掲載された。

‡ すでに、私の偏見と言われるかもしれない批評が入って居る。

(蛇足) 「強欲」は最初「欲 望」(空白無し)としたところ、掲示板禁止用語として撥ねられてしまいました。不自由な時代。
  • 主(ぬし)
  • URL
  • 2012/06/06 (Wed) 13:35:04
ヘイトスピーチ
本掲示板とも因縁浅からぬ懐かしい言葉が、最近話題になって居ます。

●「米軍出ていけ」は排除的発言? ヘイトスピーチで揺れる沖縄(リンクは末尾に。元記事は週刊朝日5/20)

舛添知事の主張・弁明と同じで、高姿勢のワンパタン・ワンフレーズは、キーワードが何であれ、犬が吠えているようなもので、全く説得力は有りませぬ。

尤も、犬の場合は、仮に不仲でも、それなりに意味が有る対話や議論が成立して居るやも知れませぬ。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%8C%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%91%E3%80%8D%E3%81%AF%E6%8E%92%E9%99%A4%E7%9A%84%E7%99%BA%E8%A8%80%EF%BC%9F-%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81%E3%81%A7%E6%8F%BA%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%B2%96%E7%B8%84/ar-BBsZHgm#page=4
  • 2016/05/13 (Fri) 12:31:57
橋下「引退」
石原同様大言壮語して、何も成就しなかった橋下が引退した。

同一点. 教職員を徹底的に貶めた。

橋下は公募校長で教育現場を破壊し、石原は都立大学を潰したり、教諭の夏季自宅研修を止めさせたりした。

橋下がマシだった点. 「テレビに出て批判するのは簡単だが、実現するのは容易ではない。」とこれだけは正直に白状した。

石原は上から目線で、東京にも君臨するだけが目的だったが、橋下には多少なりとも業績が有ったらしい。

          ______________

橋下は、46の若さだから、策を弄せず引退していても、復活の機は有るだろう。ただし体質的には、これからでも自衛隊に乗り込んで、単細胞の軍人を動員し、軍事力をバックに日本を「統治」するのに向いているのだろう。

今の日本に極右政党が無いのは変だから(自民党の院外団になっているのか?)、大阪都構想以上に政治的扇動者としては絶好の狙い目なのではないか?

ただ、石破にしてもそうだが、橋下にも右翼としての理念は有りそうにない。前者は趣味の戦争マニアで、後者は単なる強権志向政治屋に過ぎぬやも知れぬ。右翼になるにも有る程度の一貫した頭は要るわけだから。

  • 2015/12/19 (Sat) 19:03:00
御巣鷹と商業登山
どうも報道過剰な気がしまする。30周年というのは節目には違い有りませぬが、飛行機の大事故は割とありふれたものだし、節目や死者数と言うなら大東亜戦争後70年で、東条等の指揮によって殺戮された者の数が、3百万人に垂んとする死者のうち、百万人くらいは居ただろうから。

報道が挙って宣伝して集団で派手にお参りするのであれば、皆で声を掛け合って、何もA級戦犯の様に特別でない戦没者や(※)、原爆死者の様に特別と限らない戦争犠牲者に参るのも大事だろう。

慰霊を口実に、地元を含めて、商業的な動機で登山を煽りたい思惑は有るのだろう。しかし、山岳信仰のよすがにするほどの「神性」が、御巣鷹には無い。それは余りにも、登山業者や旅行業者や報道業者が商業的、俗物的に荒らし過ぎたためでもある。

(飛行機事故は、発生確率は減らせても、完全には避けられないことは原発と同じ。だから司法取引に近い実質的な刑事免責慣行、即ち隠蔽制度が出来て居る。その意味では、身の危険を冒しての取材力が無ければ、部外者からの原因究明は無理なのだ。報道が虚しく感じられるのはそのせいでも有る。)

死者を弔うことに文句をいうわけには行かぬが、どうも安易で、根底的な疑問を払拭しえませぬ。

※ A級戦犯を戦没者に含めるべしという意味では有りませぬ。
  • 2015/08/13 (Thu) 07:54:55
鶴見俊輔
享年九十三歳。合掌。

南無妙法蓮華経。

べ兵連で有名な人なので、WIKIを読んでみました。本人の経歴から見ても、粒ぞろいの親類から類推しても、大した頭脳的能力の持ち主だったことは、確かでございます。

しかし、愚の様に政治活動に関わらないタイプの理系人(関わった側の有名人は武谷三雄。無論愚とは一世代違う。)から見ると、ハーバードのΣK(米国大学院版の「銀時計組」)だったと言っても、何か真の聡明さに欠ける気がしまする。

ファンや信奉者も多かった。今日の安倍路線への反対・抵抗運動のリーダー達を育んだ有力学者だったのかも知れませぬ。

しかし、それでもなおピンと来ない愚が異端なのでございませう。
  • 2015/07/26 (Sun) 21:42:17
矢巾見殺し女教師の弁明
「明るく振る舞っていたから、本気じゃないと思った。」

とそれなりに尤もらしいから、弁護する向きも有る。

愚が当の教師だったとしても、初めての経験なら、分からないかもしれませぬ。

ただ、苛め問題とは別の事案だったが、大きな問題を抱えて居る学生は明るく振る舞っていても突然自殺することが有るものだと、心理学だか大学のそういう方面の担当をして居る教授に注意されて、或るアメリカ帰りでも最馬鹿教授(一応彼の地の複数の有力大学で准教授になっていたから、専門分野では辛うじて国際レベルの末端に居たわけだが。)が慌てて学生への非難発言を慎んだことが有った。

学生の生活について職業的責任が無い大学教師の愚でさえも、学生を抱えて居る身としてそのくらいの認識はあるのだから、件の田口千賀子さんというオナゴさん教師は、研修会だの講習会だので、生徒の自殺について、その程度の知識は、「職業的責任」の一部として持っていた筈だ。

このオナゴさんは、結婚も含めてむしろエリートの系列に居たという見方も有り、どうも校長同様に、苛め被害者が我慢する限り無視せよ、言い訳できる限り揉み消せ、というノウハウ乃至「職業的責任」を自覚していた可能性が強い。

町教委どころか岩手県の教育界全部が、ホンネでは、そういう指導をしていた可能性もマタ強い。

愚が最初のころ書いたように(本掲示板『格付けと嫉妬、苛め』トピック)、今年度着任した校長とこのオナゴさん教師は、じつは苛め対策の、教委から見て「信頼できる}エキスパートだったのではないだろうか?
  • 2015/07/26 (Sun) 15:15:35
農工大名誉教授が電殺者擁護
自作殺人罠について、今回の設置者や個別の件を咎めるよりも、食害全体を見よとの発言。(7/26 毎日朝刊社会面)

獣害専門学者という。経歴から見て全国区の人だろうが、南伊豆町に在住ということは、地元でも奨励していた人物か?

なお獣害除けの柵は1メートル約1500円でネットは1メートル約千円。電気柵にすると1メートル約130円と1/10/以下の費用で済むという。
  • 2015/07/26 (Sun) 14:31:36
東芝と検察
トヨタのオナゴさん重役は、不起訴だったとされる。厳密にいうと、不起訴か起訴猶予か報道では曖昧。法的にはどっちかに確定している筈で、いくらなんでも不起訴は無くて起訴猶予が相場だけれども、恐らく検察側も報道側も、トヨタに遠慮して、出来る限り不正確にして発表し或いは伝えているのでございます。

この煽りを喰うか、この検察体質の流れのままに逃げられるか注目されているのが東芝。

前者と予測する立場は、検察は小渕(偶々主役はオナゴさんだ。)、トヨタと相次いで強者の訴追を見送った、むしろ出来なかった。最近安保と国立競技場で国民の怒りが溜まって、多少の自覚も生じているから、流石に三代に亙るここまで会社ぐるみの東芝の不正は刑事的に揉み消せないだろうというもの。後者とするのは、端から、検事長OBを筆頭にしたとかいう第3者委員会や、証券取引所の揉み消し、現状維持意向に、今の検察が逆らえるわけがないと見るもの。

ホリエモンは、個人プレイで財界を敵に回したのでバックが無かった。村上氏は、役人生活のせいかファンドなるものを作った、或いは作りえたせいかで、彼よりは少し仲間が居たのだろう。或いは官僚・規制立法の世界の内幕をバラす対抗力を持っていた。

どちらも経済犯の中の最高の知能犯の確信犯で、違法性は解釈の問題だった。但しここで「犯」の字は使うものの、愚にはこの二人を犯罪者呼ばわりすることが正しいかどうか分かりませぬ。
  • 2015/07/24 (Fri) 15:30:42
トヨタ女外人役員麻薬密輸
1か月半前に(危機管理・)広報担当常務役員になったばかりのオナゴさんが、子供の玩具クラスのネックレスなどに偽装して麻薬輸入。

なんとも珍事件でございますねえ。

トヨタ社長らが、哀れにも必死な形相で「心底その能力にほれ込んだ」と言い張って居る。草野球チームのスキャンダルが起きた直後の欽ちゃんの「名演技」そっくりです。そうするしか無いのでございませうけれども。

ついでながら「人格の良さ」に言及しているところが、語るに落ちた感有り。要するに引っ掛かったということでございませう。

愚としては、むしろ、能力を評価する以上に、オナゴさん登用のシンボルにしながら対米イメージ向上のパンダにする安易な思惑のほうが強かったものだったと見ておりまする。

(外国人としても常務レベルは、或いは本社常勤役員でさえも、初めてだったのかもしれませぬが、確認は出来ませぬ。)

しかし、アメリカではマイクロソフトのように、男でも、才能ギリギリまでやっている者は麻薬をやるらしいが(さもなければ精神分析医に頼る。)、まして大した天分に恵まれているとも見えないこのオナゴさん(写真では狂気を感じなくも有りませぬ。)が、この地位に上がるためには、麻薬の助けは必要だったのでございませう。

「男もすなる」麻薬に手を出しただけとも言えまする。

ともかくこういうことが総合して、トヨタ首脳部を誑かした。

「グローバル化」の推進が目的の人事だったとも言っているが、ま、これでこそ、即効的に、トヨタも、売り上げだけでなく文化レベルでも、世界の仲間入りできたとも言えまする。
__________

テレビで漫画家の黒鉄氏らが、アメリカでは大したことではないのではないかとか、本人かトヨタを弁護する発言をしていたけれども、この人なんか如何にも服用経験者に見えまする。

たしかに、アメリカでは、大麻は酒より中毒性が少ないとか、いろいろ説は有りまする。今回のオキシコドンはモルヒネより強く、純度は同等以上で正式な医薬品であることも同じらし。これらの薬のネットでの情報はまだかなり不正確のようでございます。
  • 2015/06/21 (Sun) 12:55:57
Re: 痴愚神礼賛遊び
先進国たる象徴の「報道の自由」万歳に追随したがるアジア初の名誉白人国において、
安陪最高司令官様のご意向に従い、ヒステリー自衛官が朝日新聞アレルギーを、
プロ被害者を演じて行うっちゅうのを、談合新聞のサンケイ・読売が嬉々として報道するってのがオモロイ!

斜陽化すると、社会部までも新聞御用聞き化するのは、
ま~社会の公器ってな自覚なしに、
自分の塩舐めたい凡人集団ってな事を証明してんだからイイんじゃないかなっと。
  • 寅金
  • 2015/03/27 (Fri) 00:54:17
一を見て十を感知した愚は愚神だろうか?!
(少なくとも痴愚神様の助手くらいは務まるかも知れませぬ。)

何か言い知れぬ違和感を感じさせられた前レスのヘロイン、もといヒロインの結城法子氏。

陸軍士官の夫人でなくて、御本人がお国の護り、現職少佐殿だった

民主党の国会質問で、不正海外渡航だったことがバレてしまった

親孝行は感心だから、普通なら「顛末書」を書けば済むところだが、「欣喜雀躍」して産経新聞にしめたとばかり朝日記者非難の文章を書いたために、何らかの処分は免れなくなった。

世間を舐めたらあかん。人を呪わば穴二つ。つくづく悪いことは出来ませぬなあ。
  • 2015/03/26 (Thu) 14:34:32
八つ当たり
このトピックの目的とは、違いますが、休眠させて置くのももったいないので、これが一番近く見える話をしまする。

>【チュニジア襲撃テロ】結城さんが手記 朝日記者の怒声に「ショック…」 国際報道部長が謝罪「重く受け止めおわびします」< (産経1日前 末尾にリンク)

何か違和感が有りまする。

表向きは、一見こういう場合なのに朝日の記者が心無い取材に行ったという、尤もらしくも有るニュースと「手記」なのでございますが・・・

違和感の原因を考えると、どうも昔典型的な組織された左翼女性が書いていてお馴染みだったねっとりした告発文体を、そのまま右翼が使っているようで、気持ちが悪いのでした。

http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%80%90%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B8%E3%82%A2%E8%A5%B2%E6%92%83%E3%83%86%E3%83%AD%E3%80%91%E7%B5%90%E5%9F%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E6%89%8B%E8%A8%98-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E8%A8%98%E8%80%85%E3%81%AE%E6%80%92%E5%A3%B0%E3%81%AB%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E2%80%A6%E3%80%8D-%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%A0%B1%E9%81%93%E9%83%A8%E9%95%B7%E3%81%8C%E8%AC%9D%E7%BD%AA%E3%80%8C%E9%87%8D%E3%81%8F%E5%8F%97%E3%81%91%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%8A%E3%82%8F%E3%81%B3%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%8D/ar-BBizE83#page=2

  • 2015/03/24 (Tue) 02:08:17
引用順にコメント
(ア) これは米長氏のことでしょう。それから駒爺も熊沢氏も駒師として、該当する。(ト 原引用者は示唆しているのでしょう。)

(イ) やはり米長氏と駒爺。(同上)

(ウ) 米長氏も駒爺も、現代ではマダ老人とは呼べないだろうし、「人生に対する完全な経験に加へるに、精神力や透徹した判断力といふ長所を持つてゐる」ようには見えない。

しかし、現役時代に一定の成功を収めた老人達の本質を見事に衝いていることは確かであり、老人達はこの言葉を拳拳服膺すべきだろう。

ただ、遺憾ながら、この言葉自身で述べられているように、そんな自省も顧慮も出来ないのが老人なのだ。

(エ) これは、駒音掲示板の議論が、高度の知性、上等なエスプリの点では物足りないとか、しばしばそのようなレベルの投稿が、理解力の低い人達によって、もみくちゃにされてしまうことを指摘している。


(蛇足) 喧嘩を売るつもりは有りませぬが、最近駒音に将棋と実人生の正の相関を述べておられたさる方は、いずれ(ウ)型の老人になりそう。
  • 主(ぬし)
  • URL
  • 2012/06/09 (Sat) 23:54:01
Re: 痴愚神礼賛遊び
成程!

それなりのモノを記述するには、
その背景が大事ですよね~
  • 寅金
  • 2012/06/08 (Fri) 19:11:53
痴愚神礼賛氏の引用の転載
(ア)
 「技芸を職業とする人たちのことは、お話しする必要がありませうかしら ? 銘々が、各々独特な自惚れ心をお持ちで、〔…〕 値打ちがなければないほど、自惚れが強く横柄ですし、いよいよ尊大ぶり、いよいよ気取りますね。〔…〕 つまりは、世にも珍しい大阿呆が、一番沢山の讃美者に出会ふのが常だからです。大部分の人間は痴愚神の奴隷なのですから、どうしても、一番悪いものが一番多くの人々の気に入ることにならざるを得ません。」(p. 119)

(イ)
 「私〔=痴愚神〕の華客(おとくゐ)様方の〔…〕行ひは不面目とは言はれませうけれども、御当人にとつては問題ではないのです。御当人は、不面目とも何とも感じませんし、そのやうなことには一向に気がつきやしません。〔…〕 恥とか不面目とか不名誉とか悪罵とかいふものは、それを感ずればこそ不幸になるだけの話です。何も感じなければ、不幸なんかてんでありませんよ。皆がよつてたかつて貴君を弥次つたところで、貴君自身が得意になつてゐれば何でもありません。そして、この痴愚の女神だけが、さうできるようにしてさしあげるのですよ。」(p. 88)

(ウ)
 「人生に対する完全な経験に加へるに、精神力や透徹した判断力といふ長所を持つてゐるやうな老人を、誰が我慢して友人にできませうか ? また仲善しになれませう ? むしろ老人には、わけの判らぬ囈言を言はせて置くことにしませう。〔…〕 もつと丈夫な年頃の人間の苦の種になるかもしれないやうな人生嫌悪などといふものを、この老人は感ずるわけはないのですよ。〔…〕 老人たちは童子どもを熱愛いたしますし、童子どものはうでも老人に夢中になりますが、つまりは、『類は類を以て集まる』からなのですよ。両はうの違ふところは、皺と齢の数とだけです。〔…〕 齢をとればとるほど、この類似はくつきりと出てきまして、老人は、遂に童子のやうに、人生を愛惜することも死を感ずることも同時にできなくなつて、この世とおさらばすることになるのです。」(p. 42)

(エ)
 「他人に噛みつくのが怪しからぬとお咎めになる方には、かうお答へしませう。〔…〕 文筆家たるものは、常に自由に、人生の様々な普通の身分状態を嘲笑しても罪にはなりますまい、と。〔…〕 イエス・キリストに対する極めて重大な冒涜には平気なくせに、法王なり王公なりに関する極めて軽い冗談の為に、その『御厄介になつて食つて居られる』場合には特に、胸ふたがる思ひをなさるお方々を見るにつけ、宗教までもが、裏返しにされて理解されてゐるやうに思はれます。〔…〕 人のいかなる種類のものをも除外しないやうな諷刺は、殊更に或る特定の人間に喰つてかかるやうなものではなく、むしろあらゆる人間の悪徳を槍玉にあげるものなのです。ですから、もし誰かが、立ちあがつて、やられた ! と叫ぶ場合には、以上のやうな訣〔=訳〕合ひから、その人は自ら脛に傷があることを認めることになりますし、或は少くとも、不安になつたことを告白することにもなるのです。〔…〕 聡明な読者ならば、何の苦もなく、私は人々を面白がらせようとしてゐるので、決して他人を傷つけようとしてゐるのではないといふことがお判りになるでせう。」(p. 14)

痴愚神礼賛氏がこれらを引用されたことの詳しい趣旨は、駒音掲示板の元レスをご覧ください。(リンクは名前の後URL↑)

米長氏を含めて広く人間一般に当て嵌まる批判であると述べられています。
  • 主(ぬし)
  • URL
  • 2012/06/08 (Fri) 18:34:24

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)